FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
嫁さんの実家は液晶のアクオスで
アナログテレビを見ていた。

地デジと言う言葉は認識していて
前にアンテナを交換しないと映らないようになることは教えていたのだが
やはり今ちゃんと映っていることもあり中々工事はしていなかった。

まあ良いかなと思っていたのだが
場所的に割りと電波状況が悪くなさそうなこともあり
家に転がっていた簡易アンテナを持って行ってみた。

するとリビングでテレビの高さでは受信できないが、
窓枠の上のほうに持っていくと受信できることが判明。

それならと上の階のベランダに行き地面に転がして
下の階に窓を通して引き込んでみるとまあ綺麗に受信できるのである。
取りあえず窓に挟んでも大丈夫なケーブル最後につけて
家の中に引き込むことで簡易工事完了である。

サザエさんがくっきりと綺麗な色で見れるとご好評を頂いた。

そもそも今のアンテナも昔のアンテナもUHFアンテナなのは変わらないが
昔のアンテナは限られた帯域の電波しか受信できず全チャンネルが映らなかったり
デジタルとアナログのアンテナで電波塔の方向が違っていて調整が必要だったりするのである。

先日の新聞でも受信機としてのテレビはエコポイントのばら撒きや
大々的な宣伝もあり大分普及してきたのだが、
意外にアンテナ設備の改修が遅れていることに触れていた。

個人宅はもちろんのこと集合住宅の共同アンテナ
ひいては大規模建築物の電波障害の影響でケーブルでカバーされている地域等もである。
地デジになると電波の回折が良くなり電波障害地域が縮小するので
ケーブルでカバーする義務がある地域が少なくなるらしい。

あるとき突然テレビが映らなくなり慌ててアンテナ工事を依頼する人が
かなり大量に出るとの予想である。

ただそのとき慌てて申し込んでも
アンテナ工事業者の規模なんて知れているのでかなりの待ちが発生するのだろう。

テレビなんて無くても良いって人が増える可能性もあるのではないだろうか。
テレビ業界も前途多難である。
2010.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/106-be500570

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。