FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ABS
アンチ・ロック・ブレーキシステムの略である。

低抵抗の路面でスリップを起こす原因はタイヤのロックである。

ブレーキでタイヤがロックを起こしグリップしなくなるのを防ぐために
タイヤのロックを感知したら場合ブレーキを強制的に解除する仕組みがABSである。

車の運転中に雪道や雨の日のマンホールの蓋の上などで
急ブレーキをかけるとボンッという音がするのがそれである。

今話題になっているプリウスのリコールも冷静に見ると
基本的には当初の回答通りブレーキの癖なのだろう。

それをマスコミがこぞって不安を煽ったため
リコール対応を取らざるを得ないことになったのだろう。

そもそも車はタイプによりブレーキの力も違い
乗員数や気温、路面様々な要素で制動距離は変わってくる。
本来は運転している車の癖をつかんで運転するべきだと思う。

ただ敗因の一つはプリウスの購入者層の大部分は
とくに車好きではなく自動化に慣らされた人たちだったこと。

ニュースを見ているとプリウスだけで低抵抗路と普通路の制動距離を比べて
危険だといっている馬鹿な番組も多かった。
その比較で制動距離が変わらない車があれば見てみたいものである。

そして普通車と比較しているニュース番組をみても
その普通車はどのクラスなのかは明記はしていない。
ミニバンなのか、セダンなのか、軽なのか?
そしてその差は12.6mと13.3mだそうだ。

さらにはプリウスで事故を起こしたと主張しているケースも
運転手のヒューマンエラーとABSの癖による遅れとの過失割合はいかほどだろうか?

論理性と比較対象の欠如したマスゴミのエセジャーナリズムと
海外の政治的な活動の見事なコラボレーションで天下のトヨタも大打撃である。

自動化を進めれば進めるほど
それを使う人間の能力は劣化していき小さな綻びが大きな騒ぎになる。

いっそのことABSもパワステもATも取っ払ったモデルを売ったらどうだろうか?

インドのタタ自動車の25万円カーであるナノは
左のミラーもシートのリクライニングもないらしいが。
2010.02.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/110-abc55006

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。