FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日父親がナビの地図更新で愚痴を言っていた。

父親の車のナビはメーカー純正のHDDナビである。

過渡期の製品で地図情報を更新するためには
HDDの交換が必要になるタイプで交換料は2万円だったらしい。

昔のDVDナビでも地図ディスクが2万円程度することから
交換工賃と部品代、地図代を考慮すると
そんなに割高ではない気がするのだが彼は納得できなかったらしい。

彼の友人で別メーカーの車に乗っている人が
数年間無料の地図更新サービスを受けていたことも
神経を逆撫でする原因になったらしい。

最近ソフトウェア業界でも転換を即されている
サービス化というものがあるが
売り切りとサービスでは大きく変わってくるものがある。

売りきりでは打った時点でお金をもらい
後は有償サポートと無償の瑕疵対応である。

サービスになると一定期間
顧客の要求を満たし続けることを保障することが必要になる。
そのためのコストを試算し一括もしくは分割でお金をもらう。

車のナビについて父親の契約は間違いなく売り切りで
親父の友人の場合はサービスでそのコストは恐らく
初期費用に含まれているものである。

上記のクレームは10年間に買った地図帳を本屋に持っていて
最新の地図と交換してくれといっているようなものである。(笑)

そのことを説明すると
最初にちゃんと説明していないのが悪いと
納得しない頑固親父ぶりを発揮していた。

まあどこまで説明するかも難しい問題で
車の販売現場にどれだけエレクトロニクス製品に強い要員がいるかも
疑問ではあるが使い手の意見としてはまっとうなものなかもしれない。

使い手が欲しいのは地図の入ったHDDではなく
最新の地図でのナビゲーションである。

そんなニーズに応えられるは不明であるが
最近は面白い製品が登場している。

CAR NAVITIME

地図データはネットワークの向こう側にあり
常に最新に更新される地図を月額525円で使用するというもの。

毎月ネットワークと地図のコンテンツ料を取られるのが
高いか安いかは不明であるが選択肢の一つになってくるのだろう。

GoogleMapの登場により地図は無料だと勘違いされているが
実際は作成に結構コストのかかるものだと思う。

Googleは利用者からではなく広告収入という形で回収しているだけで
最終的には広告主が売る製品価格に転嫁されているはずである。
2010.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/123-ee524c66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。