FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近よくニュースなどで見かける「SIMロック」という言葉。

携帯電話端末は端末自体に固有IDを持つのとは別に
SIMカードに搭載されるICチップに契約情報を持っている。

そのように分離することで
回線契約は1本でも複数の携帯電話に差し替えて使用したり
自分で機種変更をしたりすることが可能になった。

ただ日本の携帯電話には
基本的にあるロックがかけられており
キャリア(Docomoやソフトバンク)の違うSIMカードを刺しても
動作しないようなロックがかかっている。

それは端末の販売に奨励金をだしているから
他所の回線を使用されては困るという面もあるとは思うが
どちらかというと各キャリアのメールやiModeなど
キャリア独自のサービスを実現するために端末側にも
キャリア独自の仕組みが組み込まれているので
そう簡単に他キャリアの回線をつかうことはできないことの方が大きいと思う。

この辺はインターネットと違い
キャリアがぞれぞれが独自のネットワークを構築した結果ではあるのだが。

SIMロックを解くためには
まずはキャリア間でネットワークを共通化して
コンテンツのみで差別化をする仕組みをつくる必要があるが
ここまで肥大化した各キャリアのネットワークの切り替えは
現実的ではないのかもしれない。

ただその辺の議論なしにSIMロックの解除を主導し
結局骨抜きの回答を出しただけの総務省の活動に意味があったかは
甚だ疑問である。。

そしてこのSIMロックに関しては興味深い噂がある。

Appleの情報端末iPadは通信機能は持っているが
通話機能はないのでキャリアの独自性はiPhoneよりも低くなるもので
SIMロックをしないで発売されるという噂があった。

その噂を聞いたのかドコモの社長は記者会見で
得意げにiPad向けのSIMを出すと発表した。
するとその後Appleからの正式発表では
日本端末は日本国内のみSIMロックをかけるというものである。

要するに海外に行った場合は海外のキャリアの回線を使えるが
日本国内ではソフトバンクの回線しか使用できないということである。

孫社長の交渉力が凄いという噂もあるが
口の軽いドコモに対するアップルの制裁だという噂もある。

それが本当であればかなりの独裁者ぶりである。
2010.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/127-7195a981

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。