FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
デジ物ではないのだがロードバイクが欲しい。

自転車は大枠で
フレーム、コンポーネント、タイヤ(ホイール)で価格が決まっている。

フレームはクロモリ(鉄)、アルミ、カーボンの順に 軽量でかつ高価になる。

コンポーネントというのはブレーキや変速機などの機器の総称で
まともな自転車には9割がたシマノの機器がついているおり その中でも様々なグレードが存在する。

そしてタイヤもピンキリなようなのだが
高価なものほど滑らかに回転し抵抗が少ないようだ。

そしてロードバイクという分類はドロップハンドルに細めの高圧タイヤをはき高い走行性能をほこるが
反面段差や悪路には弱い部分もある。

対極にあるのがMTB(マウンテンバイク)である。
フラットバーハンドルに太目のブロックタイヤをはき悪路の走破性を高めたものである。

クロスバイクというのは少しグレーな分類なのだが
基本はMTBをベースに太目のオンロードタイヤをはいたものが多い。
今私が乗っているクロスバイクはこのモデル通常の自転車より
変速機がましな程度で重量はあるのでそんなにスピードは出ない。

また中にはロードバイクベースのクロスバイクもあり
それは軽量フレームと細めのタイヤそこそこのコンポーネントがついて
ハンドルのみがフラットバーというモデルである。
こちらのほうが高価なモデルが多くフラットバーロードと呼ばれることもある。

基本的には海外メーカーのものが人気なのだが
イタリア製なんかは秋ごろ年間モデルを発表し1月ぐらいから出荷し始め
夏ごろにには新規受注をやめてしまうというナカナカ珍しい販売サイクルである。

最近は自転車ブームというがやはりまだまだマニアックな領域なのかもしれない。

ガキのころはブリジストンのロードマンという自転車があってかなり憧れていたのだが
80年代のMTB人気に駆逐されて消滅してしまった。

最近ではMTB人気に陰りが出てとロードとクロスバイクが売れているのかもしれない。

ただ個人的には嫁さんを説得できるだけの材料が揃えられていないので
入手は大分先になりそうである。。。
2010.07.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/129-26de39bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。