FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今更ながら知人宅の地デジアンテナを調査した。

前に暫定処置として簡易アンテナをリビングに引っ張ることで
リビングのテレビだけは地デジ化が完了していたのだが家全体のシステムとしては
地デジ化ができていなかった家である。

その家の外壁には2本のアンテナ線が出ていた。
低いほうに出ており使用していないアンテナ線は結構前に試した結果
信号を伝えていないの混合器で信号をカットされていると判断していた。

ただやはり外壁の状態だけで判断できないので天井裏をのぞいてみることに。

点検口を見つけて登ってみるとアンテナの分配機を見つけたので
その周辺を検索してみると衝撃の事実が明らかになった。
今まで使おうとしていたBS,CS用の配線は線だけ引かれて繋げられていなかったのである。

どうやら最初にいらないと言ったら混合器を付けずに帰っていたようだった。
(たかだか2,3千円の機器をケチった模様)

取りあえず天井裏の線をつなぎ換えて
簡易アンテナを家の分配器につけてみると意外な事象が発覚した。

1台のテレビにつないでる分には問題なかった簡易アンテナの受信感度が
分配機を通すと減衰してしまい視聴に必要な出力を得られないことが判明した。

ここまで来るともう選択肢が無いことと中途半端な対応が嫌だったことと
そこに脚立があったことから屋根に本格的なアンテナを追加すること決意した。

さっそく近所の電気屋でアンテナを買ってきた。
店員とも話した結果ブースターが必要になる可能性も否めなかったのだが
(店で工事をやる時はほとんどのケースで一番大型のブースターを勧めるらしい)
1万~2万の出費が必要になるので施工後どうしても必要な場合は買いたす方向にした。

屋根に上り古いアナログアンテナからケーブルを切り取って
新しいアンテナにつなぎ換えて再び屋根に上りプルプルしながら取りつけてみた。

結果屋根の高さで本格的なアンテナであれば十分な出力が得られるようで
ブースターなしで電波を拾うことができた。

かなりの自己満足である。

これを業者に依頼すると3000円のアンテナの取り付けで3~5万円取られて
さらにプラスブースターが必要とかいってさらに2,3万搾取されるのである。

トラブル(専門用語と見積もりの説明、電波の強弱や家の構造の多様性など)も多かったとは思うが
地デジ化はかなりの特需をもたらしたのは間違いがないのだろう。

ただ干上がるは見えているから増員や追加投資できない分
既存の要員が殺人的な仕事量に襲われていたのかもしれないが。
2012.01.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/159-ba05499b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。