FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近友人の二次会で最近結構売れているカメラに触る機会があった。

1台は若い女性を中心に売れているオリンパスのEP-3。



派生モデルも含めてマイクロフォーサーズマウントのミラーレス一眼という区分で売れている。
女性受けしそうなデザインと通常のコンパクトデジカメより画質がいいというのが売りなのだと思う。

いまどきの製品ぽい仕様だと思ったのが
美白モードとかいうモードで写真を撮ると記録時に補正をかけてから保存しているらしい。

連射性能は悪くなるし本来レタッチツールでやったほうがイロイロ小回りが利くのだろうが
意識せずにお手軽にやれるということに重きを置いた仕組みなのだろう。

実際に写真を撮った感触はというと普通であった。
どちらかというとオリンパスらしい暗所のオートフォーカス性能の悪さはそのままでビックリした。
オリンパスブルーを売りにはしているらしいがいい加減その部分は改善するべきだと思う。

あとはミラーレス全般に言えることだがぶっちゃけると標準ズームレンズでの使用とだと
あんまり通常のコンパクトデジカメと大差がないような気がしている。
(ハイエンドモデルではセンサーサイズが変わらないこともあり)

売りにすべきはレンズ交換の可能性で初期モデルには単焦点レンズを同梱したほうが
大きな違いを体験することができてより深入りしてくれる人が増えるのだろうが
一般的なズームレンズを売りにしていることが多い。
(望遠ズームは実際に使う頻度は高くないと思う点も)


もう一台多かったのがリコーのCXシリーズ。



これについてはマクロ機能と玄人受けする機能が売りのようなのだがふと思うところがあった。
古いモデルも含めて3台ぐらいシャッターを押したのだが
薄暗い室内にもかかわらずオートでフラッシュが動かない状態が多かった。

ISOを上げれば撮れないことは無いのだろうが
きっと砂絵のようなノイズがたくさん入ってしまっているはずである。
小さなモニターで確認する分には問題無さそうに見えるが持ち帰って見るとガックリしそうである。

カメラが得意な人はオートなんて使わないという人もいるのだろうが
やはり万人が使用する製品でオートモードの質というのは重要な要素だと感じてしまった。

特に日本よりカメラの文化が浅い海外に売っていく製品として
玄人好みで癖を理解すれば良い道具というものよりやはり簡単、きれいに撮れる製品というのが
受け入れられる製品になるのだろうな。
2012.05.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/161-c720fb2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。