FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PC
先月末に発売された新型iphone。

目新しい機能追加はビデオ機能ぐらいで
どちらかというとマイナーバージョンアップといったところ。

iphone自体前から興味はあり何度か購入の試算をして
購入の検討を進めてみたものである。

身近で今回のモデルを購入した知人がおり、
触らせてもらうとやはり物欲の虫がうずいてしまった。

タッチパネルでUI(ユーザーインターフェース)は
やはり洗練されており文字入力についても凡そストレスは少ない。
そしてitunes Storeでの豊富な追加アプリケーション。

ただやはりApple + Softbankという組み合わせ故に
躊躇してしまう要素が多い。

AppleはPCの世界でもWindowsと違いハードとソフトの制約が多い。
基本的にサードベンダーによるハードを許可しておらず
自社のハードに対してのみMacOSを搭載して販売する。
ハードとソフトの組み合わせを限定することにより
製品の質を上げるというアプローチは理解できるが、
ばっさりと下位互換を切り捨てるのは賛否両論だろう。

iphoneでもその空気は強い。
iTunesで承認されたアプリケーションしか導入はできないし、
脱獄と呼ばれるOSを改造した端末はアップデートできなくなる。

自由を売りにしているが、
あくまでAppleが認めている範囲の自由であり、
広告の宣伝文句のイメージとは違う部分も多い。
個人的な印象であるがHondaと近い気がする。

そしてもっと引っかかるのがSoftbankである。
未だに3Gの高速規格の展開範囲を開示せず、
それを突っ込まれると割り当てられた無線の周波数の問題に
話をすり替えている。

今回iphoneの導入コストを見ようとしても
突っ込みどころ満載だった。

・本体の総合価格の表示がどこにも無い。
 代わりに月額負担額のみ表示。

・月額の通信料の試算ツールを見せているが
 そのデータ通信料金が最低料金しか表示していない。

・一括払いと24回払いは端末購入支援は同額だが、
 12回払いにすると半額になってしまうことが分かりやすくは書いていない。

携帯会社側からすると
分かりにくい料金体系にしてすこしでも多く
お金を落とさせるのはビジネスモデルなのかも知れないが、
大手3社のなかでもっとも露骨なキャリアである。

電波状況や販売店のレベルなどもを考慮すると、
子供以外は乗り換える気にはなれないのが正直な気持ちである。


ただiphone自体はやはり面白そうな端末である。

Softbankをメイン端末にすることはありえないので
必然的に2台持ちということになる。

最初に7万円で、月々4000千円。
おもちゃとしては贅沢すぎるんだよなぁ。。。
2009.07.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/69-a1ba2bfe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。