FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PC
Digital Living Network Allianceの略である。

様々な家電で互換性を維持し、
コンテンツの共有を可能にする企画を策定するための団体である。

PCのWindowsベースの世界であればまったく難しくない。

起動したデスクトップPCのビデオやオーディオに
同じネットワークに属するノートPCからアクセスするのは
特に追加のソフトウェアも不要である。

ただHDレコーダーやテレビなどの家電を含めると、
話はそう簡単ではなくなる。
各機器が採用しているOSも違えばファイルシステムも違う。

それらの機器が相互接続を可能にするためには
共通のインターフェースを策定する必要がある。

その策定を推進しているのがDLNAである。

くだらないことに技術的な敷居は大して高くなく
問題はメーカー間の政治的調整なのだろう。

実際実装されているのは
LANディスクなどのファイルサーバーである。

これによファイルサーバーにPCから蓄積した
写真、動画、音楽にゲーム機であるPS3からアクセスすることができる。

このまま普及すると思われた矢先大きな邪魔物が現れれた。

地上デジタル放送である。

垂れ流しているはずの地上波に暗号化をかけて、
自己満足的なB-CASカードを発行する天下り団体がいるので、
メインコンテンツになるはずのテレビ放送をDLNA上で共有できない事態に。

その後地上波デジタルの暗号化に対応するため、
DTCP-IPという技術を使って共有可能な仕組みが整備される。

ただDTCP-IPの使用認証の敷居が高いのか、
PCのアプリケーションでのクライアントはまだ発売されていない。

リビングのHDレコーダーで録画した動画を
別室のパソコンで見れれば便利だと思うのだが。

障壁が技術ではなくいっていうのが、
つくづくくだらないと思うのは私だけだろうか?
2009.07.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/71-07f17068

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。