FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
パナソニックからマイクロフォーサーズに準拠した
デジタル一眼が発表された。

パナソニック、マイクロフォーサーズ準拠モデル第3弾「DMC-GF1」

秋はコンデジ、一眼共に新型機が発表されるので
なかなか楽しめる季節である。

コンセプト的にはオリンパスから発売済みの
EP-1とかなりカブる内容だろう。

小型のレンズ交換式デジタルカメラといったところだろう。

EP-1はボディ内手振れ補正を搭載してフラッシュ無し、
GF1はボディには手振れ補正を搭載せずフラッシュ有り。
GF1はレンズに手振れ補正が搭載してあれば手振れ補正が使えるものである。

余談ではあるが手振れ補正がボディかレンズかという議論は
あちこちでされているが、
基本的にボディのセンサーシフト式のメリットは
どんなレンズでも手振れ補正が使えるのこと。
レンズのメリットはセンサーだけのシフトではないので
光学ファインダーから覗いた像でもぶれないことと、
補正の利きがレンズのほうがいいと言う説もある。

ただEP1もGF1も共に光学ファインダーは搭載しないもでるなので
センサーシフト式でもモニターから見る映像はブレないはずである。

そしてEP-1は外付けのフラッシュがあり、
GF1は外付けの電子ファインダーがある。

そして使用できるレンズは同じなら、
もう選択としては外観の好みなのだろう。

そしてこの分野のカメラはよく「デジタル一眼」と記載される。

「一眼レフ」とはそもそもミラーを使ってフィルムに写りこむものと
ほぼ同じ映像をファインダーから確認しシャッターを切る瞬間に
ミラーを跳ね上げてフィルムに写す仕組みをもつカメラのことである。

デジタルカメラの場合フィルムの代わりに映像素子があるため
記録部分に写った映像を直接モニターもしくはファインダーに
写すことが可能である為、そもそも完全な「一眼」であるわけである。
(まだレスポンス的には電子ファインダーが光学に勝てないが)

そして光学ファインダーが無ければ
ミラー(レフ)も必要ない為、一眼レフというと語表記になる。
そしてそれをしつこく突っつき価格コムの分類に文句をつけている暇人も見た。

ただ個人的には
デジタルだから小型のレンズ交換式カメラが低コストで作ることができて、
小型ならもう少し凝ったカメラを使ってみたいという人もいるのなら、
分類や呼び名はどうでもよくて使い勝手とデザインと画質で語れば良いと思う。

もちろん昔からの大型の一眼レフシステムにもまだまだ利点は沢山あるし。

ただパナソニックの売り文句には微妙な空気を感じた。
「内蔵フラッシュ搭載のレンズ交換式デジタルカメラとして世界最小・最軽量ボディ」
長いし、言い訳臭く感じるのは私だけ?

EP-1やGF1がある程度売れて市場が出来たとき、
Canon、Niconの二強はどう動くのかは興味深い内容である。
2009.09.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://digitalbear.blog100.fc2.com/tb.php/85-f5034d2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。